ITの普及により注目を浴びるフリーランス

最近、フリーランスという言葉をよく耳にするようになりました。
フリーランスとは、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主のことです。簡単にいうと、どこの事務所にも所属していない小説家や芸術家のような人達です。

以前は、あまり聞きなれない言葉だったのですが、最近になってよく耳にするのは、やはりIT産業の技術の向上とインターネットの一般への普及が浸透したことが大きな要因だと思います。

インターネットへの一般動画投稿により、アメリカからヒットした某日本人女性歌手も、もともとはこのフリーランサーになるのかもしれません。
当時、彼女が所属事務所に属していたかどうかはわかりませんが、当時彼女がまだどこの事務所に所属していなかったとしたら、このフリーランサーにあたります。

ITによるインターネット通信革命は、さまざまなフリーランサー達を生みました。
最近、地方アイドルとしてネットを中心に広報活動をしているグループもたくさん増えました。これもその一種と言えるかもしれません。

以前なら、音楽CDを一枚作るだけでかなりの費用を要し、またそれを販売するにしても、宣伝を行う公告機関が限られていました。しかし、ITを利用したインターネットでの投稿は、費用もかからず、またそれが世界へと通じるこの情報は、どこでチャンスが生まれるか分かりません。自分の趣味や特技を、何気なく投稿したら、ある日突然海外からオファーがあった。何て事も、今は夢ではないのです。
その為には、まずはコンピューターやインターネットのことを少し勉強し、試にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です